くるピタランドセルを口コミや評判をもとに50社リサーチした私が徹底評価!

マツモトのくるピタランドセルってどう?口コミや評判を徹底調査!

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています。

  • マツモトのくるピタランドセルは口コミがよくない?
  • マツモトのくるピタランドセルは壊れやすそうで心配…
  • マツモトのくるピタランドセルは軽い?

1964年から続く老舗ランドセルメーカーである株式会社マツモトのくるピタランドセル

子どもたちがいつも触っていたくなるような遊び心いっぱいのランドセルを製造しています。

メーカー最大の特徴は、指1本でクルッと開き磁石の力で閉じるくるピタ(錠前ロック)」です。

子ども心をくすぐる、くるピタ錠前のデザインは全20種類あり、ランドセルの種類によっては気分に合わせて、錠前を着せ替えすることも可能です。

閉める時には、操作がカンタンで力もいらず、子どもだけでスムーズに開け閉めができます。

くるピタ錠前は、駆動部分に摩擦が生じない特殊な設計で、使用開始から卒業までもつ耐久性はありますが、「もしも」の故障にも、6年間の無償修理保証で対応してくれます。

今回は、ランドセルメーカー50社以上をリサーチ子育て中の私が、くるピタランドセルのスペックを、実際の体験談や口コミから解説します。

>>くるピタランドセルの公式サイトを見る

 

さくら
「耐久性」も「軽さ」も高品質!

まさに小学生の頼れる相棒(ランドセル)だね!

 

評価結果
総合評価 Aランク
①コスパ 4.4 out of 5 stars (4.4 / 5)
②デザイン性 5 out of 5 stars (5 / 5)
③人気と実績 3.2 out of 5 stars (3.2 / 5)
④品質 4.4 out of 5 stars (4.4 / 5)
重さ 980g~1,310g
価格帯 3万~10万円
公式サイトで対象商品が早期購入で10%OFF!
主な使用素材 人工皮革(じんこうひかく)
かぶせのタイプ 全かぶせ、半かぶせ
製造国 日本・中国
販売元 株式会社マツモト
購入先 公式サイトはこちら

※本記事は、2025年度くるピタランドセルWEBカタログ公式サイトを参考に作成されています。

 

さくらの辛口評価結果!!

くるピタランドセルは、当サイトのランドセルランキングで3位の商品です!

選ばれたポイントは、コスパの高さとデザイン性が優れている点にあります。4万円台で男女の人気カラーが選べ、くるピタやアップ式背カンなどの使いやすい機能がしっかり実装されており、子どもとあなたのお財布に優しいランドセルです。

また、60種類以上のカラー6年生になっても使用できるシンプルなデザインもあります。ポケモンとのコラボ商品も展開され、ポケモン好きな子どもにとっては夢のようなランドセルですね。

初めての小学校で不安があっても、大好きなランドセルを背負えば、いずれ笑顔で家を出発する我が子の後ろ姿が見られますよ。

 

\公式サイトからの購入で10%OFF!/

 

Contents

【マツモトのくるピタランドセルの購入者からガチ告白】実際に購入された方の声を調査しました!

 

たいが(旦那さん)
楽しい見た目と使い心地、機能性が良いって言われてるらしいけど、本当かな?
さくら
公式サイトの情報だけじゃなくて、購入者の生の声も聞きたいよね…

 

そこで当サイトでは、独自にマツモトのくるピタランドセルを使ったことのある親御さんにアンケートをとり、リアルな口コミをまとめました。

アンケート結果とあわせて、ランドセルメーカー50社をリサーチした私の視点でも分析します。

そのため、2、3行の内容の薄い口コミよりもはるかに詳細で参考にしやすいレビュー内容となっています。

結論から言うと…

さくら
マツモトのくるピタランドセルは、
  • 買いやすかった!
  • デザインが好きだった!
  • くるピタが気に入った!

って声が聞けたよ!

 

ここからは独自アンケートの結果を紹介します。

  • アンケート方法:クラウドソーシングサイトにて実施
  • 対象者:お子さんにくるピタランドセルを購入したことのある親御さん

 

独自アンケートの結果
60代男性
5 out of 5 stars (5 / 5)

「買いやすかった」

ランドセルを選ぶ時、子どもが疲れないかどうかが一番大事だと思って購入しました。

ランドセルって安い買い物じゃないし、子どもが使うものだから、できるだけ長く使ってほしい気持ちもありました。

形は同じでも、メーカーによって感じが違うみたいで、どれを買うか迷いました。

使う本人に選んでもらうのが一番いいけど、それができなかったので、店員さんのアドバイスを参考に購入しました。

ライザユリシールさん_40代女性
5 out of 5 stars (5 / 5)

「かわいかった」

娘の新しいランドセル、とっても気に入ってるみたいです。

デザインが可愛くて、軽くて持ち運びも楽なんですよ。友達も同じランドセルを使ってるから、みんなで下校するのが楽しいみたいなんです。

形も体にフィットしてて、子供に優しい感じがして安心です。このブランドは有名みたいなので、友達にもオススメしたいです!

ゆうさん_50代男性
4 out of 5 stars (4 / 5)

「くるピタが気に入った」

子どもがランドセル選びにほとんど興味がなく、年長になってしばらくたっても店舗に見に行くことをしませんでした。ようやく気が向いた時には受注が終わっており、現品のみとなっていました。

親としては最重要優先事項は「軽さ」でした。

通う小学校が片道20分、行きはほとんど上り坂のためです。伺ったデパートにはランドセルアドバイザーの方がおり、子どもにあった形をみてくださいました。

くるピタがいいとは言っていましたが色等のこだわりはなかったので、アドバイザーに勧められるままに購入に至りました。本人もかるいそうです!

マチルダレムリアさん_40代女性
5 out of 5 stars (5 / 5)

「デザインが可愛くておしゃれだったので」

とても娘が喜んでくれてお気に入りアイテムになっています!!

designがとてもかわいいので毎日このランドセルを背負って登校しています。素材が軽いものを使用しているので肩に負担がかからず長時間使用できるのでお勧めです!!

収納力も高くたくさん教科書が入るので持ち運びに便利だと思いました!!カラーバリエーションも結構豊富なのでどれを買えばよいのか悩むところもいい感じでした!!

娘の友達もこのランドセルを使用しています!!

さくらさん_40代女性
4 out of 5 stars (4 / 5)

「他のメーカーよりも安く、デザインがスタイリッシュだったから」

子供は軽量持ち運びしやすい点が気に入っているようで、多少雑に取り扱っても、壊れたり、傷がつくことがなく安心して使うことができます。

また冬のコートを着たりするシーズンでも、ランドセルの装着スムーズにできる点も気に入っています。

教科書だけではなく、水筒や体操着などをたくさんつめこんでも、ゴツゴツ感がなく、ランドセル自体が軽いので、小柄な子供にはぴったりだなと感じています。

少しブルーが混じっているデザインなので、飽きがこず、長く愛用できそうです。

 

ノリさん_30代男性
5 out of 5 stars (5 / 5)

「機能性が高い設計になっていますし、耐久性が高いことも魅力に感じました。特に耐久性は6年間使い続けるわけかのでかなり重視したポイントです」

かなり丈夫に作られているので雑に扱うことがある子供にピッタリのランドセルだと評価しています。万が一壊れた場合も6年間の保証が付いているため安心です。

ランドセルは低学年のうちは体に合わないイメージがあったのですが、使い始めた時もあまり負担かかっていなかったので使い勝手が良さそうでした。

子供のことをよく考えて設計されていることが分かります。子供が良いと言っていたのはポケット多いことです。ランドセルに入れるものを整理しやすいので気に入ってくれています。

かすみんさん_40代女性
4 out of 5 stars (4 / 5)

「娘が色とバービーのイラストが載っているのが気に入ったから」

サイズが大きくはじめは背負えるか心配だったが、学校のお道具箱がすっぽり入るので、長期休み前に持って帰る際の手荷物減るので大きくて良かったと娘が言っていました。

サイズが大きい割に軽いです。他の同級生のランドセルより軽いそうです。表面の皮が上部で、ぶつかったりこすったりしてもつきにくいです。

背中につくクッションが割とあるので、教科書がたくさん入っている日でも背中痛くならずへの負担少ないようです。

テリミョンさん_40代男性
4 out of 5 stars (4 / 5)

「上の子にもそのブランドのランドセルを使わせていて、フィット感があり耐久性もあるからです」

やせ形であまり肉のついていない子なのでバンドの部分が体に負担をかけたりいためたりするのではないかという不安がありました。

でも、素材良く比較的柔らかめフィットしやすく、特にからにかけての部分など一番圧力のかかる場所も擦れることなく締め付け感もほとんど感じないようで子供自身が毎日喜んで背負って行ってくれます。

耐久性もしっかりしており雨の日にぬれても傷みにくいですし、デザインもシンプルなので安心して使わせられ良いです。

みづきちゃんのパパさん_30代男性
4 out of 5 stars (4 / 5)

「子どもが可愛いと言ったから」

ランドセルを買う際に子どもに実際にランドセルを背負ってもらって長く背負っているものが気に入っているものという情報をもとに選択した。

実際にランドセルを背負ってもらい、一番長く背負っていたものを購入したが、教科書を入れて背負ってみると思っていたより重くランドセルが当たる腰部分痛かったと子どもが言っている。

ただ、色に関しては子どもが気に入った色を選択したので満足している。金額はピンキリなので妥当な金額だとは思うが全体的にランドセル自体が高く感じる。

スーさん_30代男性
5 out of 5 stars (5 / 5)

「6年間安心の耐久性をうたっており、6年間毎日背負っても安心」

従来のランドセルと比べて圧倒的に軽く、まるで羽根を背負っているような感覚で、長時間の登下校もラクラクです。長時間背負っても疲れにくいです。

A4フラットファイルはもちろん、タブレット端末や水筒も楽々収納できる大容量マチ。荷物が多くても、整理整頓しやすくて助かります。

背当てや背面ポケットなど、いたるところに反射材が使われていて、夜道や雨の日でも車からしっかり視認できます。お子様の安全を守るのはもちろん、親御さんも安心です。

ランドセル工業会認定6年間保証付きだから、もしもの時にも安心。長く安心して使えます。

akiさん_30代女性
5 out of 5 stars (5 / 5)

「金具のかたち・本体の色が子供の好みだったから」

思っていたよりも重たいというのが正直な感想ですが、6年間使うものと思えば丈夫さ等の面で仕方がないのかなと思っています。

蓋をとめる金具がワンタッチでカチッと閉まるのは子供でも扱いやすそうですし、ハート形で真ん中に宝石のような透明のパーツがはめ込まれているデザインも可愛らしくて子供のお気に入りです。

両方の肩ベルトキーホルダーを取り付けられるパーツが付いており、この位置が防犯ブザーを付けるのに丁度よく助かります

 

たいが(旦那さん)
くるピタや軽量なところを気に入ったって意見が多いね!
さくら
そうだね!あとは、開け閉めしやすいくるピタに魅力を感じる子が多いみたい!
さくら
マツモトのくるピタランドセルは、
  • 楽しい見た目
  • 使い心地
  • 機能性

の三拍子がそろっているから、子どもが楽しく使えそう!

 

マツモトのくるピタランドセルは、子どもの登下校を軽量さ高い機能性しっかりサポートしてくれるので、ランドセル選びで悩むあなたの憂鬱な日々を終わらせ、明るい気持ちで入学式を迎えられますよ。

 

\公式サイトからの購入で10%OFF!/

 

【マツモトのくるピタランドセル】選ばれる3つの理由

 

  • ドイツのFIFLOCK社独自の技術をベースに誕生したラクチン錠前⇒子どもが使いやすく壊れにくい

指1本でくるっと開き、磁石の力でピタッと閉じるので、力が弱い子や細かい操作苦手な子にも便利です。

さらに、マグネットシステムで駆動部分摩耗せず壊れにくい仕組みになっています。

 

  • 大好きをかなえてくれるブランドコラボ⇒世界で人気のポケモンランドセル

成長後も似合うようなベーシック洗練されたデザイン。こまかなところにモンスターボールのモチーフがあり、モンスターボールやピカチュウの錠前は、気分で着せ替えが可能です。

入学は嬉しい反面、不安な気持ちになることも。そんな時に大好きなポケモンランドセルが一緒なら勇気が湧いて子どもの気持ち後押ししてくれます。

 

  • 7つの厳しい耐久試験をクリアした品質の高さ⇒6年間安心して毎日使える

子どもがやりがちな使い方を想定した7つの厳しい耐久テストを実施し、条件をクリアした製品のみを販売。

アフターフォローも充実しており、使用開始から卒業までフォローしてくれます。修理中はランドセルの貸し出しをしてくれるので安心です。

 

\公式サイトからの購入で10%OFF!/

 

【マツモトのくるピタランドセル】4つの項目で徹底評価してみた!

当サイトが設定した、4つの項目計18の基準で、くるピタランドセルの実力値を評価した結果、すべて合格となりました。

 

評価の結果
  1. コスパ ⇒ 〇:合格! (4万円台で、くるピタ錠前とアップ式背カンを使用)
  2. デザイン性 ⇒ 〇:合格! (シンプルから個性豊かなデザインまである)
  3. 人気と実績 ⇒ 〇:合格! (SNS投稿数が1,000件以上で知名度が高い)
  4. 品質 ⇒ 〇:合格! (第三者が実施する7つの耐久テストをクリア)

 

それぞれの項目を詳しく解説します。

 

①コスパ ⇒ 〇:4万円台で、くるピタ錠前とアップ式背カンを搭載

くるピタのコスパを分析してみると、下記のようなことがわかります。

 

  • 価格帯は4万円10万円まで
    ⇒ 4万円台から価格の幅があり、入学準備の費用を抑えられる
  • 人気カラーが4万円台 → 赤、パープル、青系で、くるピタ®も搭載
  • 6年修理無償保証は使用開始から卒業まで → 保証書をなくしてもマツモト製品と分かれば修理可能

 

2024年のランドセル購入に関する調査で購入金額の平均は59,138円なので、4万円台で人気カラーが選べて、くるピタ®と基本スペックが搭載されたラインナップはコスパがいいと言えます。

以下がランドセル購入の調査結果の内容です。

 

▼2024年ランドセル購入に関する調査

引用:一般社団法人 日本鞄協会 ランドセル工業会

よって、コスパは〇(合格)

ランドセルの費用を抑えられたら、他に準備するものにもあてられますね。

 

▼コストパフォーマンスのチェック結果

←スマホの方は左右にスクロールできます→

マツモトのくるピタランドセル
価格帯 4万円~10万円
6年無償保証
の有無

保証範囲
  1. 糸のほつれ
  2. ベルト類の切れ
  3. 金具類などの故障および破損
  4. 製造上の不備より発生した故障および破損
保証範囲外
  1. 故意のキズ、破損
  2. 「取り扱い注意」に反した使用で故障、破損
  3. 当社以外の製品
  4. 保証期間外の使用
レンタル
の有無

 

たいが(旦那さん)
入学準備でバタバタして、うっかり保証書なくしても修理してくれるの⁉
さくら
そうそう!マツモト製品ってわかったらお願いできるのはありがたいよね!

詳しくは【マツモトのくるピタランドセル】6年保証の無償と有償の違いをチェック!

 

②デザイン性 ⇒ 〇:シンプルから個性豊かなデザインまである

マツモトのくるピタランドセルのデザイン性を分析してみると、以下のようなことがわかります。

 

  • ラインナップ27種類⇒男の子向け、女の子向け、兼用と種類豊富
  • カラーバリエーション2~9色 ⇒ 子どもの欲しい色が見つかる
  • くるピタチェンジ®⇒ポケモンシリーズとシンプルなシリーズがある

 

よって、デザイン性は〇(合格)。
くるピタが好きなお子さんなら、選ぶ範囲が狭まってラン活しやすいですね。

 

▼デザイン性のチェック結果

←スマホの方は左右にスクロールできます→

マツモトのくるピタランドセル
ラインナップの数
27種類
1ラインアップ当たりの
カラーバリエーションの数

2~9種類
カスタマイズの有無

(くるピタチェンジで
錠前の着替が可能)
オーダーメイドの有無

 

たいが(旦那さん)
27種類もあるの~!悩みそう…
さくら
ママパパは機能だけチェックして、デザインは子どもに決めてもらうといいかも!

ランドセルのデザインは、【マツモトのくるピタランドセル】男女向け・兼用の価格別おすすめをチェック!

 

③人気と実績 ⇒ 〇:SNS投稿数が1,000件以上で知名度が高い

SNSでの口コミの投稿数は1,000件以上で認知度が高く、ECサイトでの評価も高いことがわかりました。

 

▼大手通販サイトの評価とInstagramの投稿数

←スマホの方は左右にスクロールできます→

目安 くるピタランドセル
instagramの投稿数
(#ランドセル名)
1,000件以上
2,128件
Amazon評価 3.5以上
楽天市場評価 3.5以上
3.5以上
yahooショッピング評価 3.5以上

※2,128件のうち408件が公式アカウントの投稿

 

たいが(旦那さん)
2,000件以上もあるなんてすごいね!
さくら
ランドセルのモデル募集もしてるから件数多いみたい!

 

④品質  ⇒ 〇:第三者が実施する7つの耐久テストをクリア

マツモトのくるピタランドセルの品質を分析してみると、下記のようなことがわかります。

 

  • 子どもがやりがちな扱い方で7つの耐久テストを実施
    ⇒6年間製品を保証
  • 1,000g以下のランドセルがある
    軽量で子どもの負担になりにくい
  • 全ての製品にアップ式背カン、反射材を搭載
    ⇒安全性と機能性を高める

 

▼品質のチェック結果

←スマホの方は左右にスクロールできます→

くるピタランドセル
重量 980g~1,310g
使いやすさ
アップ式背カンを使用
 耐久性
第三者機関で試験を実施
安全性
反射材あり
 ランドセルカバー
の有無

別途購入
リメイク対応
の有無

フォトスタンド、折財布、パスケース、
ベルトキーホルダー、ミニミニランドセル
キーホルダー

 

たいが(旦那さん)
第三者機関で耐久テストしてるんだね
さくら
そうそう!信じてもいいかなって思えてくるよね

 

 

【マツモトのくるピタランドセル】6年保証の無償と有償の違い

引用:公式サイト

 

マツモトのくるピタランドセルの6年保証の無償と有償の違いは、上の公式サイトの画像に記載されています。

基本的な通常の使用方法で発生した糸のほつれやベルトの切れであれば、無償で修理してもらえます。

以下が、修理について表でまとめました。

 

▼【マツモトのくるピタランドセル】の修理について

くるピタランドセル
修理期間
(目安)
1ヶ月
保証書
の有無
ランドセル
貸し出し

(片道の
送料負担)

※マツモトのランドセルとわかるものが必要(6年間保証)

 

また、修理中の1ヶ月はランドセルを貸し出ししてもらえるので、親子で安心できます。

以下が、ランドセル貸し出しサービスについての画像です。

 

▼修理中ランドセル貸し出しサービス

引用:マツモトランドセル2025年度版WEBカタログ

 

ほかにも、もし故障して修理が必要になったときはどんな流れになるのか、事前に知っておくと安心ですね。

簡単に修理のながれをまとめました。

 

【マツモトのくるピタランドセル】修理のながれ
  1. 実店舗、他通販サイトで購入
    ⇒店頭へ問い合わせ(閉店等の場合は、公式カスタマーセンターへ問い合わせ)
  2. くるピタ公式通販サイト(公式運営の楽天通販サイト・PayPayモールも含む)で購入
    ⇒公式カスタマーセンターへ問い合わせ
    TEL:0568-35-5860
    mail:shop@kk-matsumoto.co.jp
    ※メールの場合は、ランドセルの壊れた箇所の写真と全体像の写真があるとスムーズ

  3. 公式サイトから修理シートをダウンロード、記入する
  4. ランドセルのポケットに修理シートを入れる
  5. ランドセルを送る
    修理したいランドセル、保証書、修理シート
  6. 修理品の確認
    有償の場合は、連絡が入る
  7. 修理(約1ヶ月)
  8. 修理完了後、購入者へ返送

 

たいが(旦那さん)
ふむふむ、故障したときは修理シートを書いてランドセルを送るんだね!
さくら
そうそう!カスタマーセンターでも説明してくれると思うけど、事前に修理のながれを知ってると慌てなくていいよね

 

【マツモトのくるピタランドセル】基本情報

▼マツモトのくるピタランドセルの基本情報

←スマホの方は左右にスクロールできます→

基本情報
販売会社 株式会社マツモト
製造国 日本・中国
かぶせのタイプ 全かぶせ・半かぶせ
重量 980g~1,310g
価格帯 4万~10万円
>>ラインナップ別の価格の解説はこちら
送料 無料
ラインナップの種類 27種類
カラーの数 2~9色
6年保証の有無 有(一部保証外)
販売元 公式サイトはこちら

 

さくら
6年保証は、ワザと壊したり、添付の「取り扱い注意」に書かれた使用方法で故障以外は、無償で修理くれるよ!

修理期間中は、ランドセルの貸し出しもあるから安心!

 

【マツモトのくるピタランドセル】カラー別ラインナップ一覧

マツモトのくるピタランドセルには、男の子向け10種類、女の子向け14種類、男女兼用3種類のラインナップがあります。

カラーバリエーションも豊富なので、子どもの好きな色も探しやすくなります。

 

さくら
気になるランドセルがあったら名前をクリックすると、価格別おすすめまで飛べるよ!

 

▼くるピタランドセルのカラー別ラインナップ一覧

←スマホの方は左右にスクロールできます→

【マツモトのくるピタランドセル】安全性と機能性

マツモトのくるピタランドセルは安全性が高く、機能性も優れています。

まずは、安全性を高める3つのスペックを解説します。

 

安全性を高める3つのスペック
  1. 反射材
    ⇒薄暗い帰り道でも光って車や自転車に位置知らせる
  2. 安全ナスカン(フック)
    ⇒荷物が引っかかっても、一定の荷重で金具だけ外れる
  3. 肩ベルトフック
    ⇒防犯ブザーをつけて、危険なときはすぐ鳴らせる

 

それぞれの部品の場所は、以下になります。

 

▼くるピタランドセルの3つのスペックで安全性アップ

参照:マツモトランドセル2025年度版WEBカタログ

次に、くるピタランドセルの3つの機能性を解説します。

 

機能性を高める3つのスペック
  1. 型くずれ防止
    ⇒芯材をとりいれ、くずれ防止
  2. 大容量
    ⇒A4フラットファイル、12cm以上のマチで教科書を入れやすい
  3. ポケット
    ⇒小物はポケットに収納できる

 

必要最低限のスペックはすべて搭載されていますので、安心ですね。

 

▼くるピタランドセルの3つのスペックで機能性アップ

参照:マツモトランドセル2025年度版WEBカタログ

 

【マツモトのくるピタランドセル】3つの試着方法

くるピタランドセルの試着方法は3つあります。以下の通りです。

くるピタランドセルの試着方法
  1. 直売会
    ⇒完全予約制
  2. 取扱店舗
    ⇒公式サイトで近くの店舗を検索できる
  3. レンタル
    ⇒3,300円(税込み+往復の送料込み)で2個、自宅でゆっくり試着できる

 

たいが(旦那さん)
会場とか店舗だと、子どもがランドセル以外にも興味持って走って行っちゃいそう…
さくら
それならレンタルで自宅で試着するのもいいかも!
たいが(旦那さん)
たしかに!自宅なら試着の順番待ちがなくて良さそうだね!!

 

【マツモトのくるピタランドセル】自宅でレンタルする方法

引用:公式サイト

 

マツモトのおためしランドセルは、3,300円(税込み)でレンタルでき、自宅でゆっくり試着することができます。

公式サイトの「おためしランドセル」から申し込みができ、申し込みした週の木曜日に発送されます。

以下が、マツモトのくるピタランドセルのレンタルから返却までの流れです。

 

▼おためしランドセル注文~返却の流れ

引用:公式サイト

 

たいが(旦那さん)
3日間もレンタルできるなんてすごいね!
さくら
そうだね!3日間あれば、
  • 子どもが背負いやすい
  • 子どもの使い心地はいいか
  • 子どもが気に入る

が、ゆっくり試せるからいいよね!

 

\公式サイトからの購入で10%OFF!/

 

【マツモトのくるピタランドセル】選ぶときは3つのポイントが大事!

マツモトのくるピタランドセルを選ぶときには、以下の3つのポイントがあります。

 

くるピタランドセルを選ぶときの3つのポイント
  1. 錠前(じょうまえ)
  2. 背カン(せかん)
  3. 快適機能

 

それぞれ詳しく解説しますね。

 

①くるピタではない錠前がある!

マツモトのくるピタランドセルを選ぶときにチェックすべき1つ目のポイントは”錠前(じょうまえ)”です。

くるピタランドセルの中には、こちらの4種類の錠前があります。

 

  1. くるピタ®
    ⇒指1本で開いて、磁石の力でピタッと閉まる
  2. くるピタチェンジ®
    ⇒操作はくるピタと同じ。錠前が着せ替えできる
  3. ワンタッチ錠前
    ⇒錠前にかぶせを押し込むと自動で錠前が90度回転して閉まる
  4. 差込錠
    ⇒かぶせを錠前に差し込んで、カチッと閉まる

 

▼4種類の錠前(ロック)

参照:マツモトランドセル2025年度版WEBカタログ

たいが(旦那さん)
ここが錠前だったのかー!
さくら
そうだよ!ランドセルの名称って慣れないとわかりづらいよね…
たいが(旦那さん)
うんうん。あ!くるピタじゃないラインナップも教えてほしい!

子どもって気持ちが変わりやすいから、一応知っておきたい…

さくら
確かに…!突然、くるピタやっぱり嫌だ~!ってなったら困っちゃうもんね

 

くるピタ、くるピタチェンジではないラインナップは以下の通りです。

  • ヨーロピアンカジュアル(差込錠)
  • メルシーブーケ(ワンタッチ錠前)
  • メルシースタイル(ワンタッチ錠前)

くるピタが目的で買うときや、くるピタを着せ替えたいときは、錠前をチェックしましょう。

 

②背カンが5種類ある!

マツモトのくるピタランドセルには背カンが5種類あります。すべてアップ式背カンなのでどれを選んでも、成長に合わせてフィットしてくれます。

ただし、立ち上がりやデザインに多少の差があるので、試着してから子どもにどれが背負いやすかったか聞いて選ぶ方法もあります。

 

▼5種類のアップ式背カン

参照:マツモトランドセル2025年度版WEBカタログ

③快適機能の楽ピタがあるのは8種類だけ!

マツモトのくるピタランドセルには、楽ピタ®という快適機能がついたラインアップがあるので、特に重さの負荷を分散させたい場合はスペックをチェックしましょう。

 

楽ピタ®とは?

肩ベルトに10㎜のやわらかいクッションが入っている
素材は、医療用として使用される低反発ウレタンフォーム素材「メモリーフォーム®」
温かいものに触れるとやわらかくなって、肩にかかる負担を分散させます。

 

▼楽ピタ®はココが違う!

参照:マツモトランドセル2025年度版WEBカタログ

楽ピタ®が搭載されたラインナップは以下の通りです。

楽ピタ<sub>®</sub>搭載の8種類
  1. 花かざり
  2. ポリゴンライン
  3. レインボースパーク
  4. バブルフラワー
  5. おしゃれプレミアム
  6. 思いやり+パステルシリーズ
  7. 思いやり+ブラックシリーズ
  8. オデッセイブラック

 

たいが(旦那さん)
子どもが使いやすいようにいろんな機能があるんだね!知らなかった~!!
さくら
そうだよね!どのメーカーのランドセルも同じように見えて、実は違うんだよね

 

【マツモトのくるピタランドセル】最安値は公式サイト!

マツモトのくるピタランドセルをどこで購入するのが一番安くなるのか比較した結果、公式サイトの早期購入割が最安値となりました。

 

▼ネットショッピング 価格比較表(おしゃれプレミアムで比較)

←スマホの方は左右にスクロールできます→

\おすすめ!/
公式サイト

早期購入割
楽天市場 Yahoo
ショッピング
Amazon
価格
(税込み)
71,500円 71,500円 71,500円
(取り扱いなし)
送料
(税込み)
無料 無料 無料
(取り扱いなし)
合計金額 64,350円 71,500円 71,500円
(取り扱いなし)

 

▼ECサイト検索結果

←スマホの方は左右にスクロールできます→

楽天市場 Yahoo
ショピング
Amazon
確認結果
(取り扱いなし)

 

さくら
公式サイト以外のくるピタランドセルは保証がついてないことがあるから注意してね!

 

\公式サイトからの購入で10%OFF!/

 

【マツモトのくるピタランドセル】口コミ、評判を徹底検証!

ここからは、マツモトのくるピタランドセルについて口コミや評価を、SNSと独自アンケート結果から解説します。

 

【マツモトのくるピタランドセル】悪い口コミ、評価

マツモトのくるピタランドセルは、SNSなどを調べたところ、以下のようなわるい口コミと評価が見つかりました。

 

【マツモトのくるピタランドセル】わるい口コミまとめ
  • くるピタが壊れやすそう
  • くるピタが外れそう
  • 交通安全カバーがつけられない

 

▼くるピタが壊れやすそう

 

▼くるピタが外れやすそう

くるピタランドセルについて質問です。
くるピタランドセルの購入を考えています。
簡単にロックができるのは魅力ですが、ロックが外れやすいという話をネットで見かけ、迷っています。
お子さんが使われている方、実際の使用感はどうでしょうか?

(引用:yahoo知恵袋)

 

▼錠前がかぶせのところにあって交通安全のカバーができないのではと不安

先日、くるピタチェンジのランドセルを予約してきました。娘がお気に入りのため購入したのですが、よく考えてみたら、前施錠ということで、一年生の時に頂ける交通安全のランドセルカバーがきち
んとつけられるのか不安になってきました。やはりつけるのに苦労するのでしょうか?

(引用:yahoo知恵袋)

 

たいが(旦那さん)
わるい口コミはどうしたらいいんだー⁉
さくら
それなら対策があるから大丈夫だよ!

 

【マツモトのくるピタランドセル】わるい口コミに対する解決策

くるピタが壊れやすそう
解決策)

  • 公式の取り扱い注意を読み、扱い方を子どもと練習する
  • 大切に使用していたのに壊れた場合は、6年無償保証で修理してもらえる

 

くるピタが外れやすそう
⇒SNS等では、外れて困った口コミは見つからない

▼3年使用したが、くるピタが外れたことはない

息子が3年程使ってましたが 特に困り事なく大丈夫でした。 ロックする時に ちゃんとカチッとはめてないと ロックになってない→開いてしまうはあるかもです。 ちゃんとカチッとなるまでロックすれば、外れてしまう~外れやすいという事はありませんでした。

(引用:yahoo知恵袋)

解決策)
くるピタはカチッとロックするまで閉める

 

交通安全カバーが着けられない
解決策)
全かぶせで、くるピタがランドセルの下にあるデザインを選ぶ

 

 

【マツモトのくるピタランドセル】いい口コミ、評価

マツモトのくるピタランドセルは、SNSなどを調べたところ、以下のようないい口コミと評価が見つかりました。

 

【マツモトのくるピタランドセル】いい口コミ
  • くるピタが便利
  • 息子さんが一目惚れ
  • 錠前がお気に入り
  • 背負いやすい

 

▼くるピタが便利!

▼息子さんが一目惚れ

▼錠前がお気に入り

▼娘さんが背負いやすくて候補入り


たいが(旦那さん)
やっぱりくるピタが好きって口コミが多いね。ぼくも子どもの頃だったら選びたかった…!
さくら
そうそう!

くるピタの錠前は、男の子の好きな変身ベルト女の子の好きな魔法少女のコンパクトのような形と動きで子どもがワクワクするデザインだよね!

 

【マツモトのくるピタランドセル】男女向け・兼用の価格別おすすめ

ここでは、男の子向けと女の子向け、男女兼用のおすすめランドセルをそれぞれ一覧にまとめました。

 

【マツモトのくるピタランドセル】男の子向けのおすすめ

マツモトのくるピタランドセルで男の子向けのおすすめラインナップは10種類あります。

こちらが一覧になっています。

 

男子向けのくるピタランドセルの選び方

くるピタを着せ替えしたい!
⇒くるピタチェンジ®搭載

 

帰り道が薄暗いので反射材多めがいい!
⇒超ピカ®搭載

 

1,200g以下の軽量タイプがいい!
⇒超軽量設計

 

基本スペック搭載、1,200g以下、ブルー系で4万円台がいい!
⇒くるピタ®搭載、49,500円

 

▼【マツモトのくるピタランドセル】
男の子向けラインナップ(4万円~)

←スマホの方は左右にスクロールできます→

ラインナップ 価格
(税込み)
重量 主なスペック
正統派ブルー
49,500円 1,190g
くるピタ®
  • マリン
  • ブラック・
    マリン
  • ネイビー・
    ブラック
スタンダード・トラッド 49,500円 1,210g

1,230g
くるピタ®
チェンジ®

超ピカ®
  • ブラック
    ・シルバー
  • ブラック
    ・ブルー
  • ブラック
    ・ゴールド

 

 

▼【マツモトのくるピタランドセル】
男の子向けラインナップ(5万円~)

←スマホの方は左右にスクロールできます→

ラインナップ 価格
(税込み)
重量 主なスペック
インテリジェンス

59,400円 1,180g くるピタ®
安ピカ®
  • グリーン
  • ブラック・マリン
  • ネイビー・レッド

 

▼【マツモトのくるピタランドセル】
男の子向けラインナップ(6万円~)

←スマホの方は左右にスクロールできます→

ラインナップ 価格
(税込み)
重量 主なスペック
レインボースパーク

 

68,200円 1,310g くるピタ®
楽ピタ®
超ピカ®
  • ブラック・レッド
  • ブラック・ブルー
  • ブラック
    ・メタリックレッド
  • ブラック
    ・メタリックブルー
  • メタリックブルー
シャープモダン

69,300円 1,060g くるピタ®
超軽量
超ピカ®
  • ブラック・レッド
  • ブラック
  • ブラック・マリン
思いやり+ブラックシリーズ
69,300円 1,190g くるピタ®
楽ピタ®
超ピカ®
  • ブラックグレー
  • ブラック・レッド
  • ブラック・マリン
メルシースタイル

69,300円 1,260g 超ピカ®
ワンタッチ錠前
  • ブラック
  • ネイビー
  • ブルー
  • オリーブ

 

 

▼【マツモトのくるピタランドセル】
男の子向けラインナップ(7万円~)

←スマホの方は左右にスクロールできます→

ラインナップ 価格
(税込み)
重量 主なスペック
スピードライン

71,500円 1,120g くるピタ®
超軽量
超ピカ®
  • ブラック・レッド
  • ブラック・グリーン
  • ブラック・ブルー
  • ブラック・ゴールド
シンプルレイヤー

71,500円 1,190g くるピタ®
安ピカ®
  • ブラック・マリン
  • ブラック・レッド
  • マリン・ブラック
ポリゴンライン

74,800円 1,190g くるピタ®
楽ピタ®
安ピカ®
  • ブラック・レッド
  • マリン
  • ブラック・ブルー

 

 

▼【マツモトのくるピタランドセル】
男の子向けラインナップ(9万円~)

←スマホの方は左右にスクロールできます→

ラインナップ 価格
(税込み)
重量 主なスペック
オデッセイブラック

93,500円 1,250g くるピタ®
楽ピタ®
  • ブラック
  • ブラック・マリン

 

 

【マツモトのくるピタランドセル】女の子向けのおすすめ

マツモトのくるピタランドセルで女の子向けのラインナップは13種類あります。

 

女子向けの選び方

くるピタをつけ替えしたい!
⇒くるピタチェンジ®搭載

 

帰り道が薄暗いので反射材多めがいい!
⇒超ピカ®搭載

 

1,200g以下の軽量タイプがいい!
⇒超軽量設計

 

基本スペック搭載、1,200g以下、パープル系で4万円台がいい!
⇒くるピタ®搭載、49,500円

 

こちらが一覧になっています。

 

▼【マツモトのくるピタランドセル】
女の子向けラインナップ(3万円~)

←スマホの方は左右にスクロールできます→

ラインナップ 価格
(税込み)
重量 主なスペック
きらきらリボン

39,600円 1,310g くるピタ
チェンジ®
超ピカ®
  • パールピンク
  • パールエメラルド
  • パールサックス
  • パールバイオレット

 

 

▼【マツモトのくるピタランドセル】
女の子向けラインナップ(4万円~)

←スマホの方は左右にスクロールできます→

ラインナップ 価格
(税込み)
重量 主なスペック
正統派カラー

49,500円 1,190g くるピタ®
  • カーマイン
  • ライトパープル
きらきらハート
49,500円 1,270g くるピタ
チェンジ®
超ピカ®
  • パールサックス
  • パールエメラルド

 

 

▼【マツモトのくるピタランドセル】
女の子向けラインナップ(5万円~)

←スマホの方は左右にスクロールできます→

ラインナップ 価格
(税込み)
重量 主なスペック
スイーツショコラ

59,400円 1,210g くるピタ®
安ピカ®
  • ラッキークリーム
  • アーモンドショコラ
  • キャラメルクランチ

 

 

▼【マツモトのくるピタランドセル】
女の子向けラインナップ(6万円~)

←スマホの方は左右にスクロールできます→

ラインナップ 価格
(税込み)
重量 主なスペック
思いやり+パステルシリーズ 69,300円 1,190g
くるピタ®
楽ピタ®
超ピカ®
  • ローズピンク
  • ミント
  • ラベンダー
メルシーブーケ

69,300円 1,240g ワンタッチ錠前
  • ルナリア
  • スターチス
  • オリーブ
  • プロテアブラウン
  • リンドウ

 

▼【マツモトのくるピタランドセル】
女の子向けラインナップ(7万円~)

←スマホの方は左右にスクロールできます→

ラインナップ 価格
(税込み)
重量 主なスペック
ゆめいろガーデン

71,500円 1,120g くるピタ®
超軽量
超ピカ®
  • ミント
  • サックス
  • ラベンダー
マカロンマジック

71,500円 1,080g くるピタ®
超軽量
超ピカ®
  • バニラ
  • フランボワーズ
  • ミント
  • カシス
フラワーギフト

71,500円 1,220g くるピタ®
超ピカ®
  • チェリー
  • スカイ・アイボリー
  • ライトパープル・ベビー
おしゃれプレミアム

71,500円 1,250g くるピタ®
楽ピタ®
超ピカ®
  • ビビットピンク・ピンク
  • サックス・スカイ
  • ラベンダースカイ
花かざり
74,800円 1,220g くるピタ®
楽ピタ®
安ピカ®
  • チェリー
  • ペールピンク・アイボリー
  • ミント・アイボリー
  • スカイ・アイボリー
  • ライトパープル・ベビー

 

▼【マツモトのくるピタランドセル】
女の子向けラインナップ(8万円~)

←スマホの方は左右にスクロールできます→

ラインナップ 価格
(税込み)
重量 主なスペック
バブルフラワー

85,800円 1,260g くるピタ®
楽ピタ®
超ピカ®
  • ミント
  • ネイビー
  • ラベンダー
ガーリーフラワー

85,800円 1,300g くるピタ®
楽ピタ®
超ピカ®
  • アイボリー
  • ローズ
  • サックス・アイボリー
  • ネイビー
ごきげんハート

85,800円 1,080g くるピタ®
超軽量
超ピカ®
  • アイボリー・パールラベンダー
  • ミント・パールラベンダー
  • スミレ・パールピンク

 

 

【マツモトのくるピタランドセル】男女兼用のおすすめ

マツモトのくるピタランドセルで男女兼用のラインナップは3種類あります。

こちらが一覧になっています。

 

▼【マツモトのくるピタランドセル】
男女兼用ラインナップ(6万円~)

←スマホの方は左右にスクロールできます→

ラインナップ 価格
(税込み)
重量 主なスペック
ヨーロピアンカジュアル

66,000円 980g
差込錠
  • ネイビー・チョコ
  • キャメル
  • カーマイン・ボルドー

 

 

▼【マツモトのくるピタランドセル】
男女兼用ラインナップ(7万円~)

←スマホの方は左右にスクロールできます→

ラインナップ 価格
(税込み)
重量 主なスペック
パレット

72,600円 980g くるピタ®
超軽量
  • カーマイン
  • キャメル
  • ミント
  • グリーン
  • マリンブルー
ポケモン

74,800円 1,040g くるピタ
チェンジ®
  • ブラック
  • キャメル
ポケモン

79,200円 イエロー1,180g
レッド
1,080g
くるピタ
チェンジ®
  • イエロー
  • レッド

 

【マツモトのくるピタランドセル】よくある質問を徹底解説!

 

マツモトのくるピタランドセルによくある質問を、ランドセルメーカー50社以上をリサーチ、子育て中の私が、

〇〇名以上のランドセル購入者様から得た知見と合わせお答えします。

 

くるピタランドセルはどこの会社が販売しているのですか?

くるピタランドセルは、愛知県にある株式会社マツモトで販売しています。

 

くるピタランドセルの特徴は?

くるピタランドセルの特徴は、ランドセルの錠前がくるピタになっていることです。また、第三者機関で耐久試験を行い、安全性と品質保持につとめています。

 

フィットちゃんくるピタとは?

フィットちゃんくるピタとは、背カンにフィットちゃんが搭載されているくるピタランドセルのことです。

 

【マツモトのくるピタランドセル】まとめ

【マツモトのくるピタランドセル】のまとめ

▼【マツモトのくるピタランドセル】アンケート結果

  • 買いやすかった
  • デザインが好きだった
  • 子どもがくるピタを気に入った

 

▼【マツモトのくるピタランドセル】選ばれる3つの理由

  1. ドイツのFIFLOCK社独自の技術をベースに誕生したラクチン錠前
    ⇒子どもが使いやすく壊れにくい
  2. 大好きをかなえてくれるブランドコラボ
    ⇒世界で人気のポケモンランドセル
  3. 7つの厳しい耐久試験をクリアした品質の高さ
    ⇒安心して6年間毎日使える

 

▼【マツモトのくるピタランドセル】4つの項目で徹底評価

  1. コスパ ⇒ 〇:4万円台で、くるピタ錠前とアップ式背カンを搭載
  2. デザイン性 ⇒ 〇:シンプルから個性豊かなデザインまである
  3. 人気と実績 ⇒ 〇:SNS投稿数が1,000件以上で知名度が高い
  4. 品質 ⇒ 〇:第三者が実施する7つの耐久テストクリア

 

▼【マツモトのくるピタランドセル】選ぶときは3つのポイントが大事!

  1. くるピタではない錠前がある!
    ⇒くるピタ錠前がいいときは錠前を確認する
  2. 背カンが5種類ある!
    ⇒どれを選んでもいいが、迷ったら試着して決める
  3. 快適機能の楽ピタ®があるのは8種類だけ!
    ⇒肩の負担を軽減するのなら、楽ピタ搭載のランドセルを選ぶ

 

▼【マツモトのくるピタランドセル】最安値は公式サイト!

 

「マツモトのくるピタランドセルを買って失敗したらどうしよう…」と悩み、体験談や口コミを調べ尽くし疲れ果てている日々を、チェンジさせるスタイリッシュなランドセル。

マツモトのくるピタランドセルはレンタルできるので、子どもが使いやすいか、購入前にレンタルで試してみることができます。

また、ランドセルを早めに買っておくと、子どもと使い方を一緒に練習できて愛着がわいてきますよ。

 

たいが(旦那さん)
そっか!早めに買っておくと、割引もされるし、練習や名前書きも余裕をもってできるんだね!早期購入お得すぎる…!!
さくら
そうそう!入学前に、ランドセルを背負って小学校まで一緒に歩いて予行練習もできるからおすすめだよ!

 

\公式サイトからの購入で10%OFF!/

 

【マツモトのくるピタランドセル】基本情報

基本情報
重さ 980g~1,310g
価格帯 3万円~10万円
販売会社 株式会社マツモト
公式サイト 公式サイトを見る